自動車を使った節税は気を付けて! 

ブログ

経営者の中には、利益が出た年に、高級車を買って節税しようとする人が、実は結構多かったりします。

しかし、買い方を間違えると、決算の時に、ほとんど経費にならない場合があるので、気を付けてください。

例えば、決算月に、法人が本体価格1000万円の新車を購入したとしましょう。

この1000万円のうち、この期に、いったい、いくら経費になるでしょうか?

正解は  ・・・  277,500円

「えっ!たったそれだけ!?」と思いませんでしたか?

実は新車の乗用車は、耐用年数が6年で減価償却をすることになります。

減価償却方法は定率法で計算すると、

1000万円×0.333※=3,330,000円(※6年の償却率)

さらに決算月に買っているため、1年間の事業年度のうち、わずか1ヶ月分しか減価償却できないことになるのです。

つまり、3,330,000円の12カ月分の1=277,500円しか経費にできないんです。

このことを知らずに、決算直前に高級車を買って、目先の税金を抑えられると思っている経営者は、意外と多いんです。気を付けてくださいね。

なお、土地は一切経費計上できないのでご注意ください。

資金繰りに関するご相談は、岸までお問い合わせください。